キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 懸垂幕や横断幕で利用される素材メッシュターポリン : 魅力いっぱい横断幕探し

懸垂幕や横断幕で利用される素材メッシュターポリン

魅力いっぱい横断幕探し

メッシュターポリンの特徴はその丈夫さ。強い風が吹いても懸垂幕や横断幕が破れないように工夫されています。

魅力いっぱい横断幕探しのメインイメージ

懸垂幕や横断幕で利用される素材メッシュターポリン

横断幕や懸垂幕の素材はいろいろあります。

屋外用広告・イベント用・広告幕にする場合には懸垂幕メッシュターポリンなどが利用されていることが多いです。

今回は【懸垂幕や横断幕で利用される素材メッシュターポリン】についてお話します。

◇メッシュターポリンの特徴

全面に小さい風通し穴があるターポリン。

ポリエステル系の繊維がベースです。

その繊維を合成樹脂フィルムで包んだビニール系素材で、強い風が吹いても懸垂幕や横断幕が破れないように工夫されています。

通常のターポリンのシートと比較した場合に半分程度の重さです。

持ち運びも便利ですし、取り付けもしやすいです。

メッシュの素材ですから、通気性もいいです。

風にはためく音も静かなのが特徴。

防音効果も優れているので人気の素材になっています。

メッシュターポリンは他のターポリン生地よりも強度は弱くなってしまいます。

薄手ターポリンになります。

4辺ウェルダーロープの補強加工をしたりハトメ加工をするといいでしょう。

印刷方法は溶剤インクジェットになります。

耐久持続期間は屋外の場合には6か月から1年程度になります。

保管方法で注意したいのは、湿気を避けることです。

筒状にして丸めて保管するといいです。

汚れた場合は濡れたタオルで拭くと綺麗になります。

印刷する場合に濃い目の色を利用すると乾きが遅くなります。

納品が迫っているときは要注意。

キズも付きやすいから薄い色を使うほうがいいでしょう。

以上、メッシュターポリンの特徴をご紹介しました。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント